H1要素とキーワード

SEO対策は検索エンジン最適化と言う意味を持っています。
SEO対策を行う事で、検索結果に自らのウェブサイトが上位表示出来るようになると言われており、
各企業はこのSEO対策を行い、自社のウェブサイトがライバル企業のウェブサイトよりも上位に表示されることで
集客を得られるよう工夫を凝らしているのです。

基本、何かを検索した際に、目を通すのは多くても20個めくらいまでが一般的とされており、
それより下ではほとんどサイト運営の意味がないと思われます。

内部対策

そこでSEO対策による上位表示を狙うわけですが、まず必要最低限のこととして
被リンクとキーワードの設定があります。

SEO対策にはHTMLの内部対策と、被リンク対策でもある外部対策の2つが有ります。
HTMLの内部対策では、HTMLを正しく記述するという事が基本の中に在りますが、これだけではなく
キーワードの選定方法やh1要素にキーワードを埋め込むなどが重要とされているのです。

外部対策

このh1要素と言うのはタイトルタグの事を意味しており、HTMLでは「<h1>」と呼ばれる要素で、
h1要素の中に記述される要素内容にキーワードを埋め込む事で、SEO対策の効果を高めることが出来るとしているのです。

ここでのキーワードの設定にも、きちんとサイトやページの内容に合ったもので
設定しなくてはいけません。ここで内容が違いすぎていると、検索エンジンから
不適切とみなされ表示されなくなる可能性があります。

更には、企業側が設定したいキーワードとユーザーが検索しそうなキーワードを合わせる工夫も必要です。
このように、サイトに訪問してもらうためには、様々な方法と工夫が必要なのです。