インリンクの活用

SEO対策を行う上で、切っても切れない重要な要素として
インリンクというものがあります。

インリンクとは被リンクとも呼ばれており、自サイトが外部サイトからリンクが貼られることです。
アクセス数が多く、訪問者から興味を持ってもらえればリンクが貼られ、検索エンジン側からは
よく見られているサイトだという判断がなされます。

インリンク

訪問者が 検索結果ページの上位表示されているサイトであれば、そういったところから
数多くリンクが貼られていると、SEO対策として効果的です。
被リンクが多いほど順位があがりやすいということは、SEO対策を行う上での大前提となります。

もちろん、多ければ良いというものでもありません。
いかに質の良いサイトからの被リンクを受けているかということが
重要な要素となってくるため、あまりにも内容が薄ければ
意味がありませんので注意しましょう。

SEO対策の為に被リンクの売買を行っている業者も存在していますが
当然ながら、そういったところから貼られているリンクを検出するべく
検索エンジン側も対策をとっています。

スパムサイト

近年では、被リンクの売買が一般的に行われるようになってきているので、検索エンジンにおいて
アルゴリズムの変更が行われており、コンテンツの質などサイトの特徴が出る要素を評価ポイントとして
重視する傾向が高くなっています。

SEO対策を行なう上でインリンクは現在でも有効な方法ですが、過度に使うと検索エンジンから
スパムサイトとして判定されてしまうので注意が必要です。